--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/02/27 (Tue) 黒の舟唄

明日から週末にかけて、ちょっと忙しくなるので更新ができないかもしれません。
スキあらば! と狙ってはいますが、はてさて。

------------------------------

当ブログでのプレイ日記のガイドラインです。

・ネタバレ、ゲーム内容や登場人物、攻略方法の情報提供はご遠慮ください。

・プレイ中の方に対して、どのあたりの内容か推測出来るように、進行中のフロア等を明記します(”More”をクリックしていただければ、その先が読めます)。

・検索などから直接来られた方は、下記にある【 】中にフロア等を書いていますので、このまま読み進めるかどうか参考になさってください)。

・プレイ日記という性質上、ネタバレが満載です。ネタバレが駄目な方はご注意ください。



【第36回目:B26F探索中+酒場クエスト等】

------------------------------









「去れよ死神、と少年は言った」
「白き姫君は終末の夢を見るか」を攻略中!




素晴らしい悪夢を経験した、と嘆くクエスト隊を中心に、討伐隊を編成します。
とはいえ、メイン全員で行くのも勿体無い(経験値が)。

メディックは必須としてー。
ソードマンは強すぎますし……うーむ。と、悩んだ結果。

前:パラディン、ダークハンター
後:バード、アルケミスト1号、メディック という、ほぼ一軍メンツ。

ダークハンターとバードが扱いやすいので、ついつい入れてしまいます。
アルケミストをブシドーを代えて、ダークハンターを後列に……とも考えましたが、守りきれる自信がなく断念。

弱点属性さえ暗記してしまえば、攻撃力が低めの職業でも属性付与することでそれなりに戦えるんですよね。
する時がないメディックあたりがよく殴ります。後列でも殴ります。

長丁場でも大丈夫なように、コストは控え目です。
戦術という大層なものはありませんが、パラディンがダメージを押えて、毒の術式を基本に、通用する属性で攻撃、と戦闘を重ねます。
これで乱入されるとなれば、迷わず全員一軍で(笑)。


うごめく毒樹と戦闘中、「こいつは毒しかしないから全員防御(メディックのみリフレッシュ使用)でTP回復させよう!」 と例によってセコい手段で回復しようと防御をしていれば。


どすっ!



ダ、ダークハンターーーーッ!

こちらの態度に憤ったかはさておき、毒樹の放ったクリティカルでダークハンターが吹き飛びました。
えっ、君、通常攻撃もするんですか……!

思わず血の気の引く一行。今まで回復させたメディックのTPが!(えー)
やっぱり甘い考えじゃ樹海は生きて行けません。
観念したアルケミストが毒樹を燃やしてフィナーレです。

深海の王者は即死攻撃が怖いので、ひたすらヘッドボンテージを狙います。
一応レベル10にはなっているのですが、運が悪かったのかなかなか決まりません。
メディックさえ死ななければ持ちなおせるので(……)、ボンテージが決まればパラディンも攻撃に加わります。

何度か冷や汗をかきつつも(主にダークハンターが吹き飛ばされたり)、撃破に成功。
もう出現する事はなさそうです。
思わず安堵のため息をつく一行でありました。


その後は、少年に渡す薬の為に材料集め。
ついでに近くのポイントで採取等を繰り返せば、そこそこ裕福になった一行でありました。
今なら買える……! 高級防具が買える……!

目を輝かせて商店に飛びこむ一行。
シ、シルフィードベストください!
いつも影ながら生存率を上げてくれている守護神に奉納(ちがう)をする一行。
君が良い防具をつけていれば、おどろおどろしい第六階層を進める気がするんだ……!

 どこまでも チキンな わたしです 。


薬も無事に精製され、さっそく酒場へ運ぶ一行。
このレシピのアイテムを沢山集めたら、また新しい薬が増えるのでしょうか?
今度、レベル上げしたい時に狙ってみようと思います。


依頼の数も結構減ったので、そろそろB26F探索……と、進む前に、そういえばB16Fの抜け道を放置してたなーと思い出す一行。
F.O.E.も復活しているでしょうし、と警戒しつつ編成。

前:ダークハンター、ソードマン、メディック
後:バード、アルケミスト2号   で出発します。


途中遭遇するF.O.E.も、ソードマンが強くて頼りになります。
タフですし、強いですし、思わず隣にいるメディックも目頭を押えたとか押えなかったとか。
一回殴られても回復しなくていいなんて……! とかなんとか。


ズンズン進む一行は、ようやく奥へ辿り着きます。
するとそこには、一行を警戒する巨大な獣の姿がありました。
低く唸る獣を前に、張りつめた空気が辺りをつつみます。

毎回同様音楽にビビるわたし。
転がされすぎです。ハイ。

うかつに接触しなければ、多分大丈夫……、とマッピングを続けます。
F.O.E.は追尾しないようで、じっとこちらの様子を覗っていました。
安心安心、と油断していましたら、


つるりと滑る左手の親指。

うん?



マンティコアがあらわれた!



ギャー!!!!


誰だよマッピング続けようとか言ったバカは! と、怒鳴る誰かがいたとかいなかったとか。
大慌てでスタコラ逃げる一行!
あまりの状況に思わず笑うソードマンがいたとかいなかったとか。
うん……うっかりなんだ、ごめんなさい。

ともあれなんとか逃げおおせた一行。生きる喜びを噛み締めながら歩きます。
糸使えば? と提案でもしようものなら、財布にある残金をひたすら叫ばされるハメに(…)。

防具買ったよね? 磁軸近いよね? ならば歩きたまえ!

馴染みのある口調で叫びながら、何故か楽しそうな女性陣がいたとかいなかったとか。
節約に目覚めた人間の意見は厳しいものです。
これが女の連帯感なのか…… と肩を落とす男性陣。


とはいえ、帰り道には死を呼ぶ骨竜が三体待ち構えています。
さすがに厳しかろうよ、と持ちかける男性陣ですが、ソードマンは笑顔で斧を手にします。


バードは火劇の序曲を歌った!

ソードマンのダブルアタック発動!


おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

そうだったらいいのになー、と皮算用だったわたしですが、ヤル気たっぷりなソードマンには思わず拍手です。
一撃あたりが700以上のダメージなので、約1500ってあたりでしょうか。
毎回発動するわけではありませんが、それにしたってこの連帯感ったら。

他のニ体に追いつかれることもなく、個別に撃破!




帰還後、妙に口数の少なくなった男性陣がひっそりと飲み会を開いたとか開かなかったとか。

世界樹の迷宮(プレイ日記) | trackback(0) | comment(0) |


<<新設ギルドに花束を | TOP | 驚倒コースター>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yg2drasil2.blog89.fc2.com/tb.php/44-4f72f482

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。